日韓伝統オーケストラ

​日韓伝統音楽交流事業実行委員会

ご案内
​下方へスクロールしてください
 

私たちの音色が響きあうとき

•••それは未来へ

日韓伝統オーケストラ
両国の伝統楽器奏者50名(韓国25名、日本25名)で構成される単一のオーケストラ。百済文化の故郷、韓国忠清南道公州市の燕亭国楽院演奏会「日韓伝統楽器のハーモニー」がきっかけとなり、2013年4月熊本で日韓伝統音楽交流事業実行委員会が誕生。両国の伝統楽器が手をつなぎ舞台制作活動が始まりました。
活動履歴

2016    熊本地震の影響により国内活動

2015    日韓国交正常化50周年記念事業

2014    日韓伝統オーケストラ結成記念 九州巡回10公演

2013    韓国忠清南道公州市立燕亭国楽院定期演奏会で日本演奏者招聘

       日韓伝統音楽交流事業実行委員会を熊本に設立 

2012以前  1999年よりオーケストラアジア(日中韓)で日韓奏者同士の交流

"日韓両国の伝統楽器が架け橋となり、古代から現代、そして未来へ繋ぐ新しい

メッセージを発信していくこと、音楽でしかできないこと、それが私たちの希望です。"

日韓伝統音楽交流事業実行委員会

実行委員長

 

Izumi Fujikawa

藤川 いずみ

日韓伝統音楽交流事業実行委員会
日韓伝統オーケストラの事業目的

九州の地は古くからの朝鮮半島との交流の歴史があり、特に熊本県では装飾古墳や鞠智城で近年銅製百済観音立像の発見されるなど、古代から仏教伝来に関わる百済文化と深いつながりのあった地域として知られています。

本団体は熊本に本拠地を置き、百済文化の故郷韓国忠清南道との友好姉妹都市を背景に、『温故知新(故を温ねて新しきを知る)』をモットーに、純粋な芸術音楽分野で日本と韓国の「新しい交流のあり方」について展開する活動を行っています。古より人々に大切に受け継がれてきた両国の伝統楽器の響きにより、新しい未来を築く創造的な取り組みを行い、エネルギッシュに日本と韓国の交流を深めていくことを目的としています。

 
Contuct Us
お問い合わせ

ありがとうございます!メッセージを送信しました。

CD 伝統音楽共演の夕べ 1
CD 伝統音楽共演の夕べ 1

CDジャケットカバー

press to zoom
CD 伝統音楽共演の夕べ 2
CD 伝統音楽共演の夕べ 2

CDジャケットカバー

press to zoom
1/1